抗菌印刷 三浦印刷
2/2

SIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。 SIAA(抗菌製品技術協議会)が制定した抗菌のシンボルマークであり、「抗菌性」・「安全性」・「適正な表示」の3つの基準を満たした製品に表示されます。 SIAAの会員である当グループの抗菌印刷製品には、このSIAAマークを表示することが可能です。抗菌効果と安全性を証明する安心の「SIAAマーク」SIAAマーク3つの安心清潔で安心の象徴印刷時に銀イオン(Ag+)を配合した抗菌剤入りのニスで印刷物をコーティングします。銀イオンには細菌の代謝システムを妨害する働きがあり、表面の細菌などはそれ以上増殖しないため抗菌効果が発揮されます。大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌やその他の細菌にも優れた抗菌性を有します。また、銀イオンは抗菌性・安全性・持続性に優れた抗菌素材です。抗菌印刷は紙だけではなく、フィルム系の基材へも対応しており、抗菌剤入りのPPフィルムを使った表面加工もあります。(経済産業省「抗菌製品ガイドライン」より)銀イオンの力で細菌の働きを妨害します抗菌印刷の特徴抗菌性抗菌加工されてない製品の表面と比較して細菌の増殖割合が100分の1以下であること。安全性抗菌製品技術協議会が独自に決めた安全性基準を満たしていること。適正表示SIAA抗菌加工製品は、抗菌剤の種類、加工部位を明示していること。SIAAマークは、ISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。抗菌印刷の詳細については、三浦印刷株式会社 営業部のお電話またはメールにてお問い合わせください。抗菌印刷のマスクケース・フライヤーなどのサンプルをご用意しております抗菌印刷についてのQ&A抗菌印刷の抗菌効果はどれぐらいの期間保たれますか?長期にわたり効果が持続します。表面の抗菌コートされている部分が剥げ落ちない限り持続可能です。QA印刷物の他にどんな製品が抗菌加工されていますか?日常生活で触れる様々な物にも使われています。日用品なら、まな板・スポンジ・洗面器・など多岐に渡ります。また、家電製品や住宅建材などにも使われています。QAどのような印刷物に抗菌印刷は有効ですか?例えば、メニューや店舗案内リーフレットなど長期的に使用したり、多くの人に触れるものに特に有効です。また、清潔感を訴求したいツールなどにもおすすめです。QA「抗菌」と「除菌」とは何が違うのでしょうか?「抗菌」は菌を長時間増やさないようにすることです。「除菌」とは、微生物を除去することを示します。ちなみに「滅菌」は微生物を死滅させることで、「殺菌」はウイルスなどの微生物を死滅させることを示します。QASIAAマークはISO22196法により評価された結果に基づき、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示されています。無機抗菌剤・印刷・印刷面JP0122513A0002R03-3633-6382【受付時間】 平日10:00~17:00TELinformation@miura.commail

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る