動画でマーケティング!こんなにある YouTube 活用方法!

YouTubeはテレビで見るご時世?国内のYouTubeの利用状況の今

2020年12月の発表によると、YouTubeの国内利用は、月間 6,500 万人以上となり「飛躍的な伸び」とされています。コロナ禍もあって、自宅でネットメディアに触れる機会が増えたという背景もありますが、スマホやパソコンだけでなく、テレビでの視聴も二倍以上に伸びたとあります。スマホやパソコンと違い、テレビ視聴の場合、家族や友人といった複数人でYouTubeが視聴されているといいます。これは、テレビ番組を家族で楽しむ感覚と似ています。

YouTubeを傘下に持つ Googleは、自社オウンドメディア 「Think with Google について 」で、「YouTube は動画を見るだけではなく、日々の生活や関心のある話題に対してポジティブに働きかける場所としても使われているようです。」と書いています。YouTubeは、ただの動画サイトではなく、従来のテレビメディアのような、またはそれを越える、日々の生活になくてはならない情報源であり、社会的なメディアになりつつあると思います。

月間 6,500 万ユーザーを超えた YouTube、
2020 年の国内利用実態──テレビでの利用も 2 倍に

Think with Google について 中村 全信 2020年12月 より

テレビで有名なタレントや著名人が、「ユーチューバー」デビューして、人気をさらっているといった情報や、大規模なライブできないミュージシャンやアーティストが、YouTubeで音楽活動を始めたなど、身近な存在にも見えてくる場としても、ネットメディアの新たな認知も広がりました。企業側からしますと、YouTube上の動画を使ったプロモーションが、家庭のリビングルームに届けられる環境が整ってきたといえます。上記の調査によると、視聴された動画カテゴリー別にみると、自宅エクササイズや家庭菜園、レシピといった、ハウツー系のものが伸びたそうです。外出自粛もあって、自宅で何かやってみようとする際、YouTubeの投稿動画を参考にする視聴者が増えたようです。お子さんの宿題や自宅のリフォームなど、ちょっとYouTubeで検索してようなんてこと、お心当たりがある方も多いとお察しします。
企業利用では、飲食関係のメーカーさんなどが、自社のYouTubeチャンネルを開設して、自社製品をプロモートしている「自宅でできるレシピ動画」などもよく見られています。また、企業のウェブサイトでも動画が埋め込まれているページを見かけますが、動画本体は、YouTubeに置いて配信しているケースがほとんどです。

YouTubeのビジネス利用はどのようなものがある?

具体的に、企業のYouTube利用はどのようなものが考えられるでしょう。動画は、文字や写真だけでは伝えきれない圧倒的な情報量をもち、さらに、音楽やナレーションの演出によって、より印象深く記憶に残るメッセージとして成立します。

中でも、商品やサービスのプロモーションや会社案内などのブランディング用途がメインですが、これまで、当社にご注文のあった動画制作の用途を中心にご紹介させていただきます。

◆商品やサービスのプロモーションやコーポレートブランディング

ターゲットの心に残る自社のコマーシャル映像を制作してYouTubeに掲載します。YouTube内で視聴者が見たい動画のキーワードやジャンルで検索したときに、商品やサービスの動画にヒットさせることをねらいます。多くのユーザーが、無数の動画の中から、貴社の動画を見つけやすい仕組みが用意されており、前述の通り、掲載のためのコストはかからないYouTubeは、セグメント化されたターゲットに向けて動画の内容を訴求でき、プロモーション施策として費用対効果の高い、プロモーションメディアです。ご注意いただきたいポイントとして、配信する動画の内容が、商品をプロモートすることに加えて、視聴者の役に立つ情報にまとまっていないと、最後まで動画をみてもらえないので、そこは動画作りで工夫しましょう。

◆コーポレートブランディングや拠点、設備の案内

貴社の会社案内や、生産拠点や設備の動画をYouTubeに掲載します。事業内容や設備など、競合にない強みや特徴を映像で訴求することで、広く貴社ブランディングを行う上で有効な施策です。コロナ禍で、来社や工場案内ができない状況下で、YouTube上での会社案内、工場案内を配信することでオンライン型会社案内を実現できます。コーポレートサイトなどのウェブサイトに埋め込むことで、ウェブページをリッチ化する用途にもよく利用されています。

◆商品の取り扱い説明やレシピ動画、オンラインショップでの商品紹介

例えば組み立て家具などの製品の組み立て方、また、レシピなどの調理方法や商品の効果を最大限に引き出す機能の使い方などを、撮影した動画をYouTubeにアップロードします。ECシステムの仕様にもよりますが、自社のオンラインショップにYouTube動画を埋め込み、商品詳細ページにその商品の詳しい解説を動画で掲載することで、購買動機を高める効果を見込めます。また、商品のパッケージなどにQRコードで、YouTube上のアドレスを印刷しておけば、動画によるマニュアルも実現可能。あえて印刷物が減る提案となりますが、紙の取説が不要ですね。

◆各種セミナーのライブ配信

YouTubeでは、収録スタジオや機材などがあれば、ライブ配信もできます。コロナ禍で、オンラインのライブ中継イベントやオンライン株主総会などの開催を耳にするようになりました。実際にご参加された体験のある方も多いのではないかと存じます。こういったライブ配信では、自社の事業責任者さまや製品開発者さまや営業の方が、同時に多くの見込み客や販売代理店の方にご自身の言葉で語りかけることができます。また、YouTubeのコメント機能を使うことで、その場で質疑の受付と回答もできますので、視聴者にとっては、気軽に説明を聞ける機会となります。
ビジネス用途では、見込み客獲得のためのウェビナーや金融商品のセミナー、販売代理店向け商品販売説明会など、これまで集会で行っていた、セミナーや講習会、説明会などへの用途が進んでいます。

YouTubeでは、動画の配信ターゲットをセグメントすることができます。特定の商品やカテゴリーに特化したチャンネルを複数運営していくことで、しっかりとしたブランディングができるとよいでしょう。ここからは、YouTubeを使った動画配信の具体的な方法をご案内します。

YouTubeチャンネルを活用して、自社のファンを作る

YouTubeの動画配信は、自社の「チャンネル」を開設・運営するします。チャンネルとは、YouTube内で設定できる自社の動画コンテンツをまとめたページで、いわば、動画のCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。オリジナルのカバー画像やアイコンの設定もできるので、チャンネルを使って自社のブランディングが実現でき、自社で登録さえできれば、無料で作成できます。

自社のチャンネルを「チャンネル登録」してもらうことで、チャンネル内の別の動画への誘導や新しい動画をアップロードしたことを通知することができます。YouTubeは、動画のレビューといったSNSとして機能も装備しています。自社のチャンネルを通じて、自社のファンを作っていくことがYouTube活用の成功への道筋です。チャンネル登録した視聴者は、YouTubeアプリを通じて、お気に入りのブランドやお役立ち動画の最新情報と受け取ることができます。情報を探す手間が省ける利便性を提供しつつ、リッチな動画コンテンツによるコミュニケーションを継続して、自社のファン作りをしていきましょう。

YouTubeチャンネルの作成方法

YouTubeのチャンネル開設には、Googleアカウントが必要です。チャンネル開設にあたっておすすめなのは、会社のブランドアカウントを作って運用する方法です。ブランドアカウントとは、自分のGoogleアカウントと紐づくYouTube チャンネル管理専用のアカウントです。個人で持つGoogleアカウントのように、他のGoogle サービスを呼び出す便利な機能はなく、YouTubeのチャンネル管理に特化したアカウントです。ブランドアカウントは、管理者や投稿者など権限別のユーザーを登録・管理できますので、会社のチームで、YouTubeチャンネルの管理、運営ができます。

自社のチャンネルの設定方法

GoogleアカウントでYouTubeにログインして自社のチャンネルの作成をしましょう。チャンネル名、アイコン画像、管理者などの設定をおこないます。チャンネル名など、設定内容は後からでも変更可能です。チャンネル「設定」では、チャンネルにアップロードする動画のデフォルト(あらかじめ決めておく)設定を登録しておくことができます。その設定は、後から変更も可能です。

アップロードできる動画の仕様

YouTubeにアップロードできるファイル形式は、動画制作で標準のMP4というものです。MP4形式の他、Windowsの動画フォーマットであるWMVなどパソコンで再生できるフォーマットに対応しています。アップロードできる動画の長さは、デフォルトだと15 分。スマホなどで本人確認が終了すると、15 分を超える長さの動画をアップロードできます。アップロード可能な最大サイズは、256 GB または 12 時間のいずれか小さい方となっています。さらに、YouTubeは、4K 動画や360 度全方位動画もサポートしています。動画の縦横サイズ比率をアスペクト比といいますが、YouTubeでは、家庭用のテレビと同じ 16:9 です。これ以外のサイズや、縦長の動画は、視聴デバイスに応じて最適化されます。
こんな優秀な機能を無料で手に入れられるのですから、YouTubeを使わない手はありませんよね。

アップロードした動画の設定

「動画の詳細」という画面でアップロードした動画を個別に設定しできます。チャンネル作成時にデフォルトで設定した場合、その情報は引き継がれます。「動画の詳細」画面の主な設定項目をみていきましょう。このような優主な機能を無料で手に入れられるのですから、YouTubeを使わない手はありませんよね。

  • タイトル
    できるだけ多くのユーザーに「見てみたい」と思ってもらえるわかりやすいタイトルを考えて設定しましょう。内容とマッチしており、魅力的なタイトルがついていれば、動画を最後まで見てもらえます。
  • 説明
    説明には、YouTubeの検索での「検索キーワード」を含めると、視聴者が検索で動画を探してもらいやすくなります。動画をみてもらった後に訪れて欲しい自社サイトのURLやSNSアカウントのリンクを貼り付けておきましょう。テキストベタ打ちで入力設定できますが、URL形式であれば、YouTube側が、自動的にハイパーリンクに変換して表示してくれます。最大5,000文字の入力できます。
  • サムネイル画像
    タイトル同様、サムネイルは重要な設定要素です。未知のお客様に自社動画コンテンツを見たいと思わせる「看板」のようなものです。アップロードした動画から、3つほど自動的に生成されますが、サムネイルを任意で作成して入れ替えることもできます。見たい動画に誘導するためのクリックバナーとして重要な役割がありますので、キャッチコピータイトルなどを入れて作り込みたいですね。
  • 動画チャプター
    動画チャプターは、動画を複数のパートに分割する機能です。チャプターごとにプレビューが表示されるので、視聴者は見たい部分を簡単に見つけることができます。
  • タグ
    自社の動画に関係のあるキーワードをタグとして入力しておきます。YouTube内での検索についての役割は、あまり大きくないとされています。
  • 言語とキャプションの認定
    動画の言語と、必要に応じて字幕の認定を選択します。YouTubeでは、動画の音声から、自動的に日本語字幕をつける機能もあります。ナレーションを中心とした動画の場合、字幕があると視聴者は助かるでしょう。
  • 埋め込みの許可
    YouTubeへアップロードした動画は、他のウェブサイトへの動画を埋め込むことができます。この項目をチェックすることで、どのウェブサイトへも埋め込みができる許可します。動画は、個人ブログでも紹介してもらえるなど、拡散を見込めます。厳しくブランド色を守るという方針では、埋め込みは許可しない選択肢もありです。
  • カテゴリ
    カテゴリとは、動画のジャンルのことです。検索で視聴者が動画を発見しやすくするために、適切なカテゴリを入力しましょう。カテゴリは、以下から選択できます。

映画とアニメ、自動車、乗り物、音楽、ペットと動物、スポーツ、旅行とイベント、ゲーム、ブログ、コメディ、エンターテイメント、ニュースと政治、ハウツーとスタイル、教育、科学と技術、非営利団体と社会活動

カテゴリは、YouTubeが、視聴者に動画をレコメンドするためのジャンルの区分として評価されますので、自社の動画コンテンツにあったカテゴリを設定することで、視聴者に探してもらいやすくなります。

  • コメントと評価
    YouTubeにアップロードした動画に対して視聴者からその評価としてコメントを受け取ることができます。コメントを受け付けない選択肢や、確認してから公開する選択肢もあります。企業が運用する場合は、どんなコメントが来るかわからないため、受け付けないケースがほとんどですが、視聴者の声を受信できる良い機会ともいえます。
  • 視聴評価数の表示
    視聴評価とは、YouTube動画の下部に添えられている上下を向いた親指のイラストアイコンのことです。視聴者が、「動画を高く評価」または「低く評価」した視聴者の数を表示するかどうかを選択します。
  • 公開設定
    アップロードした動画を公開するかどうかきめ細かく設定できます。
    • 非公開・・・文字通り動画を公開しませんので、検索もヒットしません
    • 限定公開・・・URLを知っているユーザーにだけ動画を公開します。検索ではヒットしません
    • 公開・・・検索対象となり、誰もが視聴可能な状態です
    • 公開スケジュール・・・設定した日時に動画は、公開されます。それまで非公開と同じ状態
  • 終了画面の設定
    終了画面とは、動画が再生終了直近(最後の 5~20 秒)に表示される動画内リンク設定のことです。チャンネル登録や他の動画視聴をプロモートできる機能です。種類は以下の5つですが、5つめの外部リンクは、当初は選択できなくなっています。一定の条件(YouTubeバートナープログラムを利用する)を満たすことで、選択できます。
    • 動画・・・YouTube内の動画を含む、別の動画への視聴リンク
    • 再生リスト・・・YouTube上の再生リストへのリンク
    • 登録・・・自分のチャンネルへの登録を促すボタン
    • チャンネル・・・他のチャンネルへのリンク・リンク・・・ウェブサイトやECサイトなどの外部リンク(YouTubeバートナープログラムを利用する)
  • 動画のパフォーマンスの計測と分析
    YouTubeアナリティクスを使って、動画の視聴率などきめ細かに分析できます。YouTubeアナリティクスは、とても優れた動画視聴分析ツールで、利用も無料です。集計期間を設定し、特定の期間の自社の動画のパフォーマンスを確認することができます。YouTubeアナリティクスで確認できるさまざまな指標の一部をご紹介しましょう。
    • 概要パネル・・・視聴回数、総再生時間、チャンネル登録者数、人気の動画などが表示されます。
    • リーチパネル・・・視聴者がどのようにして自分のチャンネルにたどり着いたかを確認できます。
    • エンゲージメントパネル・・・総再生時間、平均視聴時間、人気の動画など、どれだけ自社動画が見られているかを確認できます。
    • 視聴者パネル・・・リピーターと新しい視聴者の数、ユニーク視聴者数、チャンネル登録者数など自分の動画を見ている視聴者の概要を確認できます

※YouTubeについての情報は、2021年9月上旬現在の調べです。

YouTubeチャンネルを活用した動画マーケティングのまとめ

ご覧いただいたように、YouTubeは、費用対効果の高い動画マーケティングツールです。

  • 動画配信が無料でできる
  • 興味関心についてキーワードで集客ができる
  • 無料で自社のブランディングができる
  • 無料のCMS(コンテンツマネジメントシステム)である
  • SNSのように動画の評価を集めたり、通知したりできる
  • 自社の動画のパフォーマンスを計測・分析できる

「YouTubeは、よく見るし、動画配信がアップできるって知っているけど、意外とビジネス利用していない」なんてことないでしょうか?
せっかく費用をかけて動画を制作するわけですから、高い費用対効果が引き出せるYouTubeを使った動画マーケティング、検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。