キャンペーンで効果的に使えるデジタルギフト活用法

お世話になります。暑い日が続きます。ウェブレター事務局です。

プレゼント手法の販促施策において、景品選びは、重要な要素です。
インターネット経由で景品を送付できるデジタルギフトは、発送費用を抑えられるなど、メリットが多く、デジタルギフトを使ったキャンペーンの事例が増えています。当社では、キャンペーンの景品として、時代にあったデジタルギフトを提案をしています。 デジタルギフトには、キャンペーンの施策やターゲットにあわせて、さまざまなアイテムが選べます。今回の記事では、デジタルギフトのいろいろとその活用方法をご案内します。

デジタルギフトのメリットとは

デジタルギフトとは、メールなどインターネット経由で、送ることができる景品やプレゼントのことです。お客様は、引き換えコード(ギフトコードと呼んでいます)やクーポンをメールで受け取り、店舗などで景品を現物で手にします。

景品をデジタルギフトにすることで、キャンペーンの事務局業務における次のようなメリットがあります。

  • 景品の梱包や発送費用をほぼゼロにできる
  • 景品の納期を短縮し、在庫管理の手間を軽減できる
  • 景品の紛失や破損といったリスクを軽減できる
  • 景品の額面の自由度が高い
  • 景品の人気度や交換率の計測が簡単にできる

事務局側が発送するリアル景品では、景品本体の購入費の他に、発送や管理のコストがかかります。デジタルギフトでは、景品本体以外のコストを抑えて本体の単価を最大化できることです。これによってより多くのお客様に、より高額な景品を差し上げるキャンペーンとなり、応募率のアップ、ひいては、キャンペーン効果の引上げを期待できます。

キャンペーンのシーンに合わせて自在に活用!主なデジタルギフトラインアップ

■バラマキ型のキャンペーンに最適!お近くの店舗で好きな商品と引き換えできる「店舗交換型ギフトコード」

コンビニエンスストア商品といった低価格ながらも、多くの方に喜こばれる景品との交換ができるデジタルギフトです。お客様は、メールなどで届く、ギフトコードをスマホに保存しておき、お近くの店舗のレジで提示いただくことで、対象商品を無料で購入できます。低価格であれば、多くのお客様に配布できるので、バラマキ型のキャンペーンに活用できます。

ゲームや映画、音楽好きが喜ぶ!アプリや音楽や映画のサブスク利用料をプレゼントできる「デジタルコンテンツギフト」

スマホゲームや映像や音楽の配信をサブスクで利用される、お客様も数多くいらっしゃいます。このギフトコードは、そのようなサブスクの料金を、1カ月単位でプレゼントできるものです。特に、日頃音楽やゲームなどに親しんでいる若年層に向けて、好きな楽曲を無料で購入できたり、ゲームアプリの課金分をプレゼントできます。

ターゲットが広がる!有名ポイントや電子マネーギフトなど自由に「セレクトできるギフトコード」

1円や100円単位で任意のプレゼント額面を設定できて、大手EC、各種ポイント、電子マネーといったさまざまな提携先をお客様が自由にセレクトできるデジタルギフトです。お客様の普段使いの支払方法やポイント制度は一つだけではなく、ブランド志向がありますので、自分で交換先セレクトできるギフトコードというのは、キャンペーンのターゲットも広がります。キャンペーンでの利用方法は、交換サイトのURLにギフトIDを入力することで、ギフト額面相当分をセレクトした電子マネーなどで受け取ります。

■キャンペーンの景品もデジタルに!オンラインで注文できる「カタログギフト」

キャンペーンの景品としてカタログギフトも定番になっています。お客様が商品を自由に選べることや、カタログを見る楽しさも、キャンペーン景品として喜ばれる要素です。カタログギフトの魅力は、なんといっても圧倒的な品種の多さ。ブランド品や銘品、各種雑貨や、家電製品、日本各地のグルメ品や旅行商品まで、魅力の厳選商品のカタログギフトを電子カタログで見て選ぶデジタルギフトです。金額コース別にまとめられた商品ラインアップが、商品選びのワクワク感とともに、まるで百貨店の売り場に来たような心地にさせてくれます。
デジタルギフトとしてのプレゼントの方法は、該当コースのデジタルカタログのURLから、1回限りの商品交換ができるIDなど認証情報を入力いただきます。

デジタル版のカタログギフト

デジタル版のカタログギフトは、ウェブカタログをパソコンやスマホでみながら、注文コードを入力できる仕組みです。
キャンペーンで活用する際には、お客様に、注文画面アクセス用URLと、ログインID、パスワードをお渡しすることで、カタログギフトを景品としてプレゼントできます。カタログギフトは、3,000円程から5,000円、10,000円までのものがよく利用されています。中には、100,000円コースのような高額なものもあり、マストバイキャンペーンでは、購入額に応じて複数の金額コースを選択できるキャンペーンも実施できます。

ここまでは、代表的なデジタルギフトを簡単にまとめましたが、デジタルギフトのバリエーションは、こちらに紹介しきれないくらい多くのものがあります。キャンペーンの事例でもご紹介できますので、お問い合わせください。

■リアルな景品は、うれしさが一味違う!リアル景品が有効な場面とは?
デジタルギフトは、景品やギフトのクーポンや引き換え券をメールを受け取ることができますが、店舗に景品を受け取りにいったり、交換サイトへアクセスして、コードを入力する操作が必要になります。
リアルな景品やギフトは、契約や購入したその場で、お渡しできます。リアルな景品やギフトには、その場で実物を手に取って受け取る「ありがたみ」があります。景品の受け取りは、お客様にとっては、とてもうれしい瞬間で、感動を残しやすいともいえます。家電製品や家具など、高額な商品購入や、金融サービスなどの長期の契約などのキャンペーンでは、リアルな景品やプレゼントの方が有効でしょう。お客様の喜ぶ顔も見えますし、対話のきっかけにもなります。

施策の目的に合わせた、デジタルギフトの送付のいろいろ

デジタルギフトのユニークな送付方法をご紹介します。

  • メールでの送付
    キャンペーンの応募条件を満たしたお客様へのお礼メール本文に、デジタルギフトのURLを記載します。SNSのダイレクトメッセージや会員サイトのマイページ上への表示も可能です。
    • キャンペーン活用例
      会員登録や資料請求を行ったお客様にデジタルギフトを渡すキャンペーン
  • TwitterやLINEで送付
    フォローやリツイート、友だち追加を行ったお客様にデジタルギフトを配布します。オンライン上での抽選から当選者へのデジタルギフトの発行までの自動化もできます。
    • キャンペーン活用例
      Twitterフォロー&リツイートキャンペーン、LINE友だち登録キャンペーン
  • ショートメールでの送付
    ウェブ上のアンケートで取得したスマホの電話番号宛に、ギフトコード付きのSMS(ショートメール)を送信できます。
    • キャンペーン活用例
      消費者向け購買意向のアンケートキャンペーン
  • ダイレクトメールで郵送送付
    キャンペーン応募の当選者の住所を取得している場合は、ご自宅にデジタルギフトのコードをQRコードとして印刷したダイレクトメールを送ることができます。封書での郵送費はかかりますが、ギフトコードが紙として届くことでお客様に確実にお届けできます。
    • キャンペーン活用例
      ご成約者プレゼントキャンペーン
  • 商品パッケージに印字する方法
    商品パッケージの裏面や二層のシールなどで、QRコードからアクセスすると、あたりハズレがわかるURLを印刷しておきます。当選画面では、デジタルギフト交換サイトへリンクします。購買意欲をさそう、「買えばあたる」を演出できます。
    • キャンペーン活用例
      マストバイのインスタントウィンキャンペーン

デジタルギフトは、QRコードやURLで簡単に送ることができます。ウェブサイト、SNS、メールといったネット上のさまざまなチャネルで展開できますので、キャンペーン施策の広がりをもたせることができます。

ギフト選びからキャンペーンの企画までお任せください。

当社の「キャンペーン缶DXサービス」は、キャンペーン企画から、お客様に喜ばれるデジタルギフト景品選びまでをお手伝いさせていただき​ます。
ターゲットに合わせた企画内容やデジタルギフトの​選定・配布方法など様々なキャンペーン実績を背景に、​お客様の抱える課題を共有しながらご提案いたします。​

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。